BLOG

ブログ

内臓の活動

京都山科ボディメイクスタジオLIFEGROWパーソナルトレーナーの吉田仁です。

【食べ物の消化吸収時間】

🔘タンパク質 6時間

🔘食物繊維 3時間

🔘脂質 3時間

🔘炭水化物 20分~2時間

が目安となります。

つまり、これらを食べた後、上記の時間は《内臓がエネルギーを消費し続ける》ということ。

必然的にタンパク質、繊維質が多い食事の方が《摂取カロリーが減り、消費カロリーが増える》となります。

(例)

  1. ⚫朝、吸収の遅い糖質、タンパク質、脂質

➡️玄米、鮭、サバ等、オリーブオイル

  1. ⚫昼、吸収の遅い糖質、タンパク質、繊維質

➡️玄米、ゆで卵、サラダチキン、野菜

  1. ⚫夜、タンパク質、繊維質

➡️刺身、野菜多めに

などを目安にすると内臓機能や、消化活動によるカロリー消費が増え、基礎代謝の高い体質にしていくことが出来るでしょう。

肉を食べると消化時間に3時間、その後の吸収に3時間となります。

つまり、トータルすると3~6時間運動してるようなもの

なので、タンパク質を食べない選択肢は損をすることになります。

知っておいて損はありませんので、参考にして下さい。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 内臓の活動