BLOG

ブログ

思考回路を変える

京都山科ボディメイクスタジオLIFEGROWパーソナルトレーナーの吉田仁です。

ダイエット中に限って不運は訪れたりするものです。

合コンやホームパーティーのお誘い、女子会などこの世には断れないシーンがあるものです。

  1. そんな時どうすればいいか。

普通に食べればいいですよ。『私ダイエット中だから』といってサラダだけしか食べなかったり、あるいは飲み物だけしか頼まなかったら雰囲気ぶち壊しだし、周りを心配させるし、せっかく誘ってくれた人に対しても失礼です。

  1. まず、食べること自体は全く悪いことではありません。

食べることに対して【どういう意味付け】を施すかが問題なんです。

多くの人は食べることに罪悪感を抱くけれど、それは【食べる=太る】という強迫観念があるからだと思います。【食べる=身体をつくる】ということなのに、誤った思考回路が身についてしまってるんですよ。【食べる=太る】という思考回路のままだと仮にその後、運動をしたとしても全く楽しくありません。

なぜなら『食べちゃったから、これは自分への罰』という意味合いの運動になるからです。

かなり、つまらないです。

逆に言えば食べ過ぎたというキッカケがない限り運動はしないということ。

  1. これは決して綺麗になるための運動とは呼べません。

【運動=罰】という固定観念を持ってはダメですよ。

逆にスタイルが良く、体型が整っており、お尻が綺麗な人はそういう考え方はしません。【食べる=身体をつくる】という思考回路を持ってるため、食べた後の運動もポジティブに捉えることができます。

ヨシ、これだけ食べたあとはトレーニング、そして食べたものをお尻の筋肉に変えるだけ、という具合に。

決して『食べちゃった…』と後悔して、その後もソファーに座って脂肪が溜まるのを悠長に見守ってなどいないのです。

限度はありますが、その後きちんとトレーニングをすれば食べたものが体脂肪として溜まるのではなく筋肉になるなり、身体を動かすエネルギーになるなりします。

そもそも、きちんと食べなければお尻の筋肉は作られないし、エネルギー不足にもなるためトレーニングのクオリティも下がります。

  1. ガソリンのない車で山道を登ろうとするようなもの。

職人はいるのに材料がないようなもの。

せっかくダイエットを試みたけれど失敗してしまう人や体調を崩してしまう人の方が圧倒的に多いのが現状です。

それはダイエット方法論【こうすれば痩せる、ああすれば痩せる】だけでは説明できないから。

書店やネットで探せば痩せるための方法は星の数ほどありますが、それでもダイエットに成功する人の方が少ないのは、逆に言えば大切なのは方法論ではないということです。

もっと深い部分にあります。心の部分であったり、ダイエットに対する正しい認識だったり、その人の生き方や価値観、美意識の違いだったり。

ダイエットはビッグビジネスで本当に大切なことや正しいことを伝えてもお金にならないので、それらは公の場であまり語られることはありません。【目新しい方法や視聴率を集めるものが優先されます】

ダイエットの失敗を決して自分の身体のせいにしたり、意思の弱さのせいにしないこと。

みんなにできて自分だけできないことなんてないですよ。

ダイエットに頑張る女性、これから始める女性にとって、動くことも食べることもトータルで楽しめる人生でありますように。

少しでも参考になれば幸いです。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 思考回路を変える