BLOG

ブログ

最初はみんな下手

京都山科ボディメイクスタジオLIFEGROWパーソナルトレーナーの吉田仁です。

「チャレンジすればうまくいく」「まずは行動だ」「動けば変わる」って本や講演会なんかで言われて「そうだよな~」なんて思っても一歩が踏み出せない。いくらチャレンジの素晴らしさを頭で理解はできても、そうやって理屈どおりにチャレンジできる人は少ないのも事実です。

おおまかにですが理由としては二つあります。

まず一つ目は、失敗するのが怖いから。

そして、チャレンジできない原因のもう一つ。それは「一発目から成功させよう」と力んでしまうことです。

ここでよ~く考えてみましょう。

優秀なプロ野球選手でも、3割打てば一流選手です。

てことは10回打席に立ったら7回は失敗してるんですよね。

普通の人との違いは【じゃ、次はどうやったらうまくいくんだろう】と考えるか考えないかの差だけです。

プロでも失敗を覚悟してチャレンジしてるのに、素人がいきなり10割を狙うこと自体、無理がありますよね。

そんなこと望んでたら、チャレンジなんか1000年経ってもできっこありません。

どんなジャンルのプロと言われる人達も最初はみ~んなど素人。

極端に言わせてもらえば、1回目は失敗して当たり前。まずはチャレンジ。そして次は改良。

このサイクルでやっていけば必ず打率は上がります。

トレーニングも同じことが言えます。

トレーニングも最初からうまくできないし、頭では理解はできてもカラダがうまく動かない、なんてことは当たり前です。

そこで、「私は運動神経が悪いから」「どんくさいから」などと思う必要はないですし、それは全く関係ありません。

何回もチャレンジしていくうちに、意識してトレーニング、意識して反復練習をするようになります。

成功へのチャレンジに失敗はつきもんなんです。

失敗したことをただ嘆くのか、その失敗から何かを学ぶことに全力を傾けるのかで、その後が大きく変わります。

まずは「失敗しないように」って無理に力むんじゃなくて「失敗してもいいんだ、やってみよう」と口にだして言ってみて下さい。

それだけで心が軽くなる自分に気づくはずですから。

力を抜けば道は開けます!

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 最初はみんな下手