BLOG

ブログ

ダイエットって言葉

京都山科ボディメイクスタジオLIFEGROWパーソナルトレーナーの吉田仁です。

そもそも【ダイエット】って言葉がよくないと思っています。

明日からダイエットしないと…

夏までにダイエットしないと…

ダイエットしないとヤバイ…

女性の関心を引き寄せるという意味で、私もダイエットというワードを用いていますが〈検索しやすかったり、目に止まったりする為〉、ダイエットという行為そのものはあまり好きではありません。

なぜかといいますと、ダイエットと考えると多くの人はネガティブな気分になるからです。

すぐに「明日から鶏肉生活しないと」「炭水化物を控えよう」「マクドの前、通ったらダメ」など。

そんなこと考えないで、程よく筋トレして、程よく食べて、日常生活でシャキシャキ動いてれば、自然に痩せていくし、自然にいい体になっていきます。

【ダイエットを辞めることが本当のダイエット】なんですけどね。

太ってる人にとってダイエットはイベントであり、痩せてる人にとってダイエットは日常なんです。

そして、それは無意識に行われてるものです。

そもそもの生活が不健康か健康かということです。

前者はいつまでもダイエットを繰り返すパターン。後者は「何もしてないよ」と、食事制限も運動もせず、俗にいうダイエットとは縁遠い生活を送ってるパターン。〈生活習慣を見直すことが優先で、本来ダイエットには特別な運動も食事制限も必要ない〉

目新しいダイエット法やトレーニング法よりも、日頃から痩せてる人の生活に着目すべきです。

「ダイエットをしたことない人の生活を観察すること」ですね。

少なくとも私はそうします。

そうすればいつまでも苦しいダイエットとは無縁で、整った体でいられるからです。

ほとんどの人は「そういう人は元から食べても太らない体質なんだよ」と信じ込み、それ以上は深く考えようとしないからです。

そこが落とし穴です。

仮に同じ物を同じだけ食べて、同じだけ動いたとすれば、本当に体質の問題なのかどうかは歴然です。

 

運動をしている時間よりも、それ以外の時間の方が長いんですから。〈運動を否定しているわけではない〉

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > ダイエットって言葉