BLOG

ブログ

「太る」ということとは?

京都山科ボディメイクスタジオLIFEGROWトレーナーの吉田仁です。

お客様や知り合いの方と会話をしている中で、「最近、食べ過ぎて太ったわ~」などというセリフをよく聞きます。思い当たる方もけっこういるんではないでしょうか。「太る」ということとは、どういうことなのかをお話したいとおもいます。

まず太る食べ物についてですが、「これはカロリーが高いから」「これは糖質が多いから」このようなことはみなさんもご存知だとおもいます。カロリーや栄養素に目を向ける意識はとても良いことです。でも、それが過剰になってしまうと問題なんです。安心して下さい。【何かを食べて太ることはないですよ】??

ん、どういうことかと言うと、【食べ続けると太るものはありますが、食べて太るものはありません】ジャンクフードを食べても太りませんが、ジャンクフードを食べ続けると太るかもしれない。お酒を飲んでも太りませんが、お酒を飲み続ければ太るかもしれない。つまり、太っていくのはあくまで不健康な食生活という「習慣」がもたらすものです。「特定の食材」によるものではないからです。

スタイルの良い人はこのような質問を受けるのが多いはず。「お酒飲みますか?」「ラーメン食べますか?」「甘いものは?」「なんでそんな細いの?」など。そういった方は「よく飲むよ」「夜にラーメンいくし」「パンケーキ大好き」という返事がかえってきそうですね。聞いてる方たちは「絶対ウソやわ~」と声を大にしてそうですね。たいてい、こういう場合、口にすることはするけど実際にはたまにしか口にしてないケースが多いとおもいます。ここで言う「よく」という表現はあくまで主観的な表現ですし、日頃徹底している人ほど誇張して言うことが多い。その逆で「あんまり食べてないのに太る」というのも耳にしますね。ここには食生活に問題があるとおもいます。

お客様が「昨日ケーキバイキング行って食べてしまいました」と言っても責めることはありません。それが原因で太るわけではないとわかっているし、その日なにかを食べたから太るわけではありません。何日も食べ続けることで太ってしまうんです。習慣化しない程度に好きなものを食べたらいいんですよ。あれもダメ、これもダメじゃ人生つまらない。

時期的に「太った」と口にするのが多いのは「GW」「お盆休み」「忘年会」「正月」「旅行」あけです。その僅かな短期間で食べ過ぎたくらいで「あ~もうダメだ」て思う方は多いんではないでしょうか。必ずしも体重が増える=贅肉が増えるではありません。少し運動したくらいで痩せないのと同じで、贅肉が増えるにももっと時間を要すものです。それよりも、普段の時間の過ごし方はどうなのか、自分自身、自覚はなくとも日頃から太るような生活をしているんじゃないなと、そこを見直すことの方がよっぽど重要ですよ。一つおかしなことがあって「継続しないと痩せない」とわかっている方は多いのに、太ることに関しては逆じゃないでしょうか。

「痩せるには継続」「太るのも継続」どちらも継続しないと結果は手に入らない。

もう一度…「太るのも継続」

食べることに関して、少し心が軽くなれば幸いです。

 

 

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 「太る」ということとは?